管理運営団体について

平塚市より指定管理者として施設の管理運営を受託しています。

 

旧横浜ゴム平塚製造所記念館運営管理共同事業体
    (平塚市ビルメンテナンス業協同組合)
    (水交社の保存と利用をすすめる会)

管理運営方針について

 貴重な歴史的建造物である記念館の存続の意義を十分理解し、建物が粗末に扱われることのないよう、きめ細かな点検を行うなど、大切に管理します。建物の破損・修復につきましては、専門的見地から助言を得て行うなど、適切な配慮をいたします。管理責任者、防火管理者を置き、第一4半期中に消防計画を作成し、消防訓練を行います。市との連携を密にし、指定管理者が行うべき業務を忠実に遂行するとともに、現場で気づいた問題点を市側に伝え、利用者にとって快適な施設となることを目指し、市民の社会教育の向上に寄与します。又、記念館にふさわしい貸し館として市民の活動を促し、文化・芸術の向上に寄与するとともに、市民の豊かなコミュニティの場となることを目指します。さらに自然豊かな八幡山公園の中にあることも十分に理解し、環境に溶け込める配慮をします。
業務遂行に当たっては、地方自治体や関係法令、平塚市関係条例並びに規則、個人情報保護条例、情報公開条例、その他、管理運営に適用される法令など関連する法規を誠実に遵守してまいります。指定管理業務開始までに市の指導を受けて使用規則を定めます。

※平成20年11月28日 旧横浜ゴム製造所記念館指定管理者事業計画書より抜粋